青森県及び県内市町村の建設・物品・役務入札参加資格申請お任せ下さい!

≪サイトマップ≫
≪Link関連≫

入札参加資格申請代行サービス

青森県・県内市町村役場の建設業・物品等の入札参加資格申請手続きの代行を承ります!!

※一度に複数の自治体に申請する場合は、割引制度がございます。
※建設工事、物品・役務等の各1件に対しての料金となります。
※会社謄本、納税証明書等の各種証明書類の実費は別途必要です。

 入札参加資格申請

入札参加資格申請の概要

入札参加資格審査とは?

行政機関が行う競争入札に参加するための審査
省庁や都道府県・市町村、その他の行政機関が行う競争入札に参加するには、その機関の「名簿」に資格者として登録されていなければなりません。 入札参加資格審査とは、その機関が名簿に登録する業者として適切かどうか審査し、適格であれば申請者の希望する業種や工事内容と共に「名簿」に登録する申請手続です。

入札参加資格審査の種類

入札参加資格審査は一般的に3つのタイプに分類されています

  1. 建設工事等入札参加資格審査
      建設工事
  2. 測量・建設コンサル等
      建設工事に係る設計、調査、測量業務
  3. 物品等入札参加資格審査(役務も含まれる)
    • 建設関連資材、機器、車両等の販売
    • リース等
    • 施設管理業務
    • 設備運転、保守点検、清掃等

建設工事等入札参加資格審査を受けるためには?

1.「経営事項審査」の総合評定値結果通知書を取得していること
「建設工事等入札参加資格審査」を受けるには、「経営事項審査(経審)」を受けて有効期間内の総合評定値結果通知書を持っていることが前提です。 希望する業種(工事内容等)の建設業許可は当然のことながら、実際に施工するにあたって必要である資格や許認可も有していなければなりません。
2.有効期限は通常2年ごと
「平成30・31年度 建設工事等入札参加資格申請」ならば、有効期間は平成30年4月1日〜平成32年3月31日というふうに、自治体の2事業年度となります。

青森県の入札参加資格申請概要

 青森県が行う建設工事の競争入札の定期の資格審査を受けようとする方は、申請の受付期間内に競争入札参加資格審査の申請を行い、青森県の等級名簿に登載される必要があります。
 この建設工事競争入札参加資格審査には、受付期間により「定期の資格審査」、「随時の資格審査」、「再度の資格審査」があります。申請書類を作成するための「申請の手引き」や、「申請書類の様式」は、青森県建設業ポータルサイトからダウンロードできます。なお、県内建設業者と県外建設業者では、提出書類が異なりますので、注意する必要があります。
 資格審査の結果、建設工事競争入札参加資格が認定された場合は、審査結果(資格の認定と等級の決定)を通知するほか、青森県建設業ポータルサイトで公表されます。そして、建設工事の競争入札参加資格が認定された後、電子入札システムで利用者登録を行うと、入札に参加する際に電子入札を行うことが出来ます。
 また、青森県が発注する物品の製造の請負、買入れ及び借入に関する契約並びに役務の提供を受ける契約についての競争入札に参加を希望する方は、競争入札参加資格の申請を行い、名簿に登載される必要があります。
 この競争入札参加資格審査の申請書は、郵送、宅配便又は持参のいずれかの方法で提出します。申請書は、県と契約を希望する業種により提出先が異なりますので、事前に確認する必要があります。
 なお、毎月20日までに到着した競争入札参加資格審査の申請書は、審査の結果資格が 認められた場合、翌月の1日の名簿に登載されます。

 申請できる要件を満たしているか、現状満たしていなかった場合、何をどうすれば良いか等、一緒に考えていきます。
     入札参加資格申請

Copyright © 徳差行政書士事務所 All Rights Reserved.